woman-consulting-doctor

超音波検査で子宮内膜の状態や卵胞の大きさ、尿や血液の検査からホルモン値を調べることで、より正確に排卵時期を特定できます。

検査によって多嚢胞性卵巣症候群や無排卵など排卵障害が見つかった場合、適切な治療を行うためにもうけておきたいですね。

病院でのタイミング法の流れ


不妊治療の第一歩であるタイミング法。病院で調べることでより正確に排卵日を特定できます。

月経中~直後
卵子の成熟ぐあいをもとに排卵の予測を立てる

月経中から月経直後は卵胞ホルモンが出て、卵巣内で卵子が育つ時期。病院で超音波検査や尿や血液の検査をして卵子の成熟ぐあいを調べ、その周期の排卵時期の予測



予測される排卵日の2~3日前

卵胞の大きさとホルモン値からより正確に排卵日を特定、超音波検査やホルモン検査はこの時期

・超音波検査
卵胞の大きさ、子宮内膜の状態を調べます。排卵前の卵胞は約20mmの大きさに。料金は保険適用で約1600円。

・ホルモン検査
黄体化ホルモンは排卵の20~40時間前にピークになるため、尿中や血液中の値を調べます。料金は約900円



予測される排卵日前後

予測された排卵日の前後5日間にセックスをします。
検査の結果などから総合的に診断し、スケジュールを決定。
予測した排卵日を含め、前後5日間ぐらいの間にセックスをするよう医師から指示を受けます。
排卵誘発剤で卵胞刺激ホルモンの分泌を促すこともあります。



排卵後

排卵が起ごったか、黄体ホルモンが十分かを調べます

排卵したかどうかを超音波検査で確認し、ホルモン検査で黄体ホルモンの分泌量が正常かを調べます。

子宮内膜が着床できる状態であるかどうかを調べ、黄体ホルモンが十分でない場合は補充をします。