timing

月1回の妊娠のチャンスをのがさない、妊活の基本ともいえる自己流タイミング法。

基礎体温などから自分で排卵時期を予測し、その時期に合わせてセックスを行なうといういたってシンプルな方法です。

でも、排卵時期を正確に予測できていなかったり、排卵時期にセックスができなかったりして、チャンスをムダにしているか不安になりますよね、知っているようで意外に知らない自己流タイミング法です。

自己流タイミング法の成功のカギは、女性の年齢が35才未満であること、生理が順調であること、排卵がきちんと起こっていること、予測した排卵時期に複数回セックスができることです。

それらがクリアされているのに6周期~1年ほど続けても妊娠しない場合は、婦人科を受診して検査を受けたほうがいいと言われています。

自己タイミング法のやり方
自分でできる排卵時期の予測方法には以下のように基礎体温、おりもの、排卵日検査薬があります。それらの結果から総合的に判断。


まずは排卵日を予測


1.基礎体温をはかる
毎朝決まった時間の寝起きに、横になったまま検温します。できれば朝4~7時に。一般的には生理ごろから低温期に入り、低温期最後に体温がガクンと下がり(排卵日)、その後上昇し高温期になります。

2.おりものをチェック
排卵4~5日前になるとおりもの(子宮頸管粘液)の分泌量がふえます。おりものを指にとってみて10cmほど伸びるようなら、排卵直前というサイン。変化がわかるよう、ふだんのおりものもチェックしておく。

3.排卵日検査薬を使う
排卵間近に分泌量がふえる黄体化ホルモン(LH)。簡単な尿検査で尿中のLH濃度の上昇をとらえ、排卵日を予測。陽性反応の約36時間後に排卵が起こります。医療用医薬品のため、購入は調剤薬局、薬剤師のいるドラッグストアで。

排卵日検査薬はデジタルで判定表示するタイプ、検査薬にスポイトで尿を落とすタイプなどさまざまなタイプが出ています。

排卵日を予測したらセックスをする
妊娠しやすいタイミング=排卵日当日だけではありません。排卵日を中心に前後2日間が最も妊娠しやすく、プラス女性の体内で精子が生き続ける3~4日間を加えたおよそ8~9日間が妊娠しやすい時期です。