male

男性不妊を改善するためには精子の質をキープすることが大事です。
精子を守るためにはなにが大切なことをまとめました。心当たりがあったら、すぐ実践して男性不妊を改善しましょう。

1.禁煙!

2.ブリーフよりもトランクス!

3.飲酒は適量に!

4.長風呂、長サウナは控える!

5.自転車、バイクに乗りすぎない!

6.放射線に要注意!

7.育毛剤を飲まない!

8.規則正しい生活!

9.膝上でノートPCを使わない!

10.禁欲しすぎない!

精子に良くないこととしては、まずは熱があります。
そして、男性にとってふだんの生活の中で股間を締めつけるのもNG。
良いこととしては、バランスの良い食生活、適度な運動、最低6時間の睡眠。
長時間の座位を避けることなどがあげられます。


熱は精子によくない!
サウナは睾丸を温めすぎてしまうため、定期的なサウナ風呂の入浴は避ける。
睾丸を冷やすと良いというくらい、温めすぎないことが重要なのです。
なお、通常の入浴程度、熱すぎない湯船に15分程度入るくらいなら問題ありません。
また、病気による高熱も精子に悪い影響を与えます。妊活中は、インフルエンザにも十分注意。

股間を締めつけるのもNG
股間を締めつけることも良くないといわれています。
ですからサイクリングも良くないとされています。
サイクリングパンツやボクサーパンツ、ランニングタイツも同様の理由です。
また、自転車をこぐときに睾丸が圧迫されることやサドルにこすりつけることで発熱作用が加わわり続けることなどが良くない理由です。
サイクリストには、尿道がしびれるような自覚症状がある方もいるそうでが、その場合、射精障害の原因にもなるので注意が必要です。

タバコは止める
喫煙が悪いのはいうまでもありません。タバコを止めただけで精子の状態がよくなって自然妊娠する人もいます。からだに悪いことは精子にも悪い影響を与えます。逆に健康なからだづくりをすれば精子にも良い影響が出るのです。

食事
精子にとっても、栄養豊かな食生活は重要です。サプリメントもありますが、安全で新鮮な食品から栄養を摂るこ
とをおすすめします。
ビタミンBやC、E、亜鉛など積極的に摂ったほうがよい栄養素はありますが、大事なのは栄養のバランスです。
大豆製品や乳製品はからだに良いイメージがありますが、摂取しすぎるとホルモンバランスが崩れて男性らしさが削れてしまいます。
また、カフェインのとりすぎも問題です。もちろん水分も必要です。1日に1~1。5Lくらいの水分補給を心掛けましょう。

運動
有酸素運動がいいというデータはありませんが、BMIが25以上になると精子の状態は悪くなります。
適正体重を保つために適度な運動をしましょう。マラソンのようにからだが疲労してしまう運動は逆効果なので、何事もやりすぎないことが大切です。

その他の生活習慣

何時間座っていたら悪い、どんなイスだったら悪いというデータはありません。
ただし、長時間の座位が悪いのは間違いないので、デスクワークの方はお仕事の合間など、時々、立ってみてください。