【妊活】妊娠するには妊娠するために私がしていること

避妊をやめればすぐに妊娠できると考えるのは大間違いでした。 女性ホルモンの分泌が低下し始める体年齢にはまだ間があっても、「いつかは妊娠」と考えているので、妊娠しやすい体づくりのための努力は一日も早く始めるべきだと思いました。何げない毎日の生活の中に潜んでいる妊娠を阻害する要因と自分なりの解決法を、紹介しています。

妊活

妊活にアロマやハーブ

aroma

妊活をスタートするにあたってだれもがすること。それはあたためる、生活リズムをととのえる、運動する、食事に気をつけるといったいわゆる健康的な暮らしと体づくり。
でももっと積極的に もっと効率よく妊娠を引き寄せる方法があれば試してみたいと思います。

35歳を過ぎてなかなか授からなかったり、何か不妊症の原因があった場合は、不妊治療などの医学的な治療が必要なケ-スもあります。

それと同時に妊活アイテムであるハーブやサプリ、東洋医学の鍼灸と漢方の活用も、妊娠しやすい体作りには欠かせないと思います。

鍼灸は血行の流れを良くするものですから、生理中の血の滞りを改善してくれます。出血が正しく行われないと、綺麗な新しい血にはなりません。

また、受精卵の着床にも血を使いますから、体外受精であっても血行が阻害されるべきではありません。
漢方やサプリは成分を選ぶことで、妊活に使えます。

漢方やサプリは、続けることで体質そのものを改善するのが目的です。とはいえ、漢方やサプリはその価格や味から、効果を知ってもなかなか続けられる人はいません。

もう少し手軽に続けるとというなら、妊活にアロマやハープを取り入れるのが良いと思いました。

そこで妊活アイテムのハーブやアロマについてまとめてみました。

妊活にアロマ
こんなときににおすすめ!
・心と身体をリラックスさせたいとき
・手軽に妊活をはじめたいとき
・生理不順などホルモンバランスを整えたい

一番手軽にはじめられるのがアロマです。オイルによって様々な効果が期待できますが、一番はやはり香りです。

香りは鼻の粘膜から伝わるので、脳に入りやすい。大脳辺縁系に伝わると、本能つまり心理感情に影響を与えます。だから、好きな匂いを見つけるのがポイントです。

女性ホルモンのバランスで、日によって好きな匂いが変わることもあるでしょう。リラックスすれば血管も広がるので、平滑筋である子宮にもマッチしてるといえます。

マッサージはオイルによって妊活に向き不向きがあるので、専門家に相談してください。

妊活にハーブ
こんなときにおすすめ!
・妊活のストレスを感じたとき
・忙しくて時間がないとき
・苦い漢方を飲みたくないと思ったとき

アロマと同じぐらいお手軽なのがハープではないでしょうか。ハープそのものを栽培するのは大変ですが、現在は乾燥させたものは手に入れやすいですし、お茶や入浴剤として商品化されたものもたくさんあります。
不妊治療におすすめと言われているハープは、ネトルやローズヒップ、ジンジャーです。ローズヒップやジンジャーをブレンドしたハーブティーは飲みやすいですが、ネトルは癖があって苦手な人も多いでしょう。そんなときは蜂蜜を使ったり、ローズヒップティーなどと混ぜたりしてみましょう。

>>妊活

妊活にホンキになったら妊娠力をチェック

check

妊活にホンキで取り組もうと思ったら、絶対知っておきたいのは、今の自分に妊娠するための力がきちんと
備わっているかどうかですよね。そこで妊活セルチェックをまとめました。セルフチェックの項目に心当たりがあったら、妊娠力が下がっているかも!?

生理時の強い痛みや経血異常は子宮内膜症や子宮筋腫の兆候り‥

妊娠するための能力が年齢とともに低下していくことはいわば常識。けれども、同じ年齢の人すべてが同じレベルの能力を備えているわけではありません。若くても妊娠力が低い人もいれば、逆に高齢でも妊娠力が衰えていない人もいます。だからこそ、ホンキで妊娠を考えるなら、自分の妊娠力をきちんと知る努力をするべきだとおもいました。
妊娠力を知るうえでポイントとなるのが、子宮と卵巣の元気度だそうです。
子宮や卵巣の老化という言葉を最近よく耳にしますが、それは子宮と卵巣が何らかの異常によって、本来の働きを果たせなくなっている状況を指します。

子宮の元気度は、生理の状況から判断できます。セルフチェックの項目の多くは、子宮筋腫や子宮内膜症の可能性を探るもの。セックスの時などに痛みを感じるのも子宮内膜症の症状のひとつ。子宮筋腫や子宮内膜症は、状態によっては不妊の原因ともなるので、要注意。子宮頸がんの検診を定期的に受診していれば、子宮の異常にいち早く気づくことができます。


卵巣の老化は、妊娠だけじゃなく
女性のキレイの危機り‥

卵巣年齢のセルフチェックで、生活習慣にかかわる項目が多いのは、不規則な生活は卵巣の老化にストレートに結びつくからです。特に喫煙は卵巣に深刻なダメージを与えるみたいです。卵巣が老化すると、不妊に直結する排卵障害を引き起こすことも。また、卵巣の老化は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量の低下を招き、その結果シワやシミといった肌のトラブルのほか、髪のボリュームがなくなるなどの変化が現れます。女性らしさを作るためのホルモンともいわれるエストロゲンの減少は、女性のきれいの危機!
卵巣年齢のセルフチェックに思い当たることが多いということは、妊娠力が低下している可能性が大きいと自覚したほうがよさそうです。

卵巣年齢のセルフチェック
□日常的にストレスを感じることが多い
過去に急激なダイエットをしたことがある
BMI値が18以下・または25以上
夏でも手足が冷たいほどの冷え性だ
喫煙の習慣がある
肌のハリがない、シワが気になる
髪の毛のツヤやコシがなくなり、白髪が増えた
不規則な生活をしている
週に3日以上、外食をしている
コレステロール値や中性脂肪値がかなり高い、もしくは低い
過去6ヵ月間、セックスをしていない
生理周期が乱れている
最近、経血の量が減ってきた
生理周期がだんだん短くなってきた、あるいは長くなってきた


子宮の元気度をセルフチェック
セックスの時や排便時にお腹の奧が痛む    、
最近、生理痛がひどくなってきた
経血が黒っぽい
最近、経血の量が増えてきた
経血に大きい血の塊が混ざる
生理のたびに、我慢できないほどの生理痛がある
生理時、足の付け根や太ももに痛みがある
生理時、昼間でも夜用ナプキンでも漏れてしまう
クラミジア、淋病などの感染症にかかったことがある
子宮筋腫や子宮内膜症と診断されたことがある
ギャラリー
  • 自己流タイミング法
  • 妊娠のチャンスは月にたった3日間。タイミングが大切!
  • 病院で排卵の時期をチェック
  • 妊活ステップアップの時期は年齢も考慮して見極め
  • 妊活にウォーキング
  • 妊娠する前に受けておいた方がいい検査について
  • 妊活にアロマやハーブ
  • 妊活にホンキになったら妊娠力をチェック
  • 妊娠しやすいセックスは?