妊娠するために私達夫婦がしていること男性不妊サプリや葉酸サプリ

避妊をやめればすぐに妊娠できると考えるのは大間違いでした。 女性ホルモンの分泌が低下し始める体年齢にはまだ間があっても、「いつかは妊娠」と考えているので、妊娠しやすい体づくりのための努力は一日も早く始めるべきだと思いました。何げない毎日の生活の中に潜んでいる妊娠を阻害する要因と自分なりの解決法を、紹介しています。男性不妊サプリや葉酸サプリも紹介

妊活

妊活は夫婦で!今すぐできることまとめ

ninkatu

一般的に「不妊」と聞くと女性側に問題があるのでは?と思われがち。ですが、実はその原因の約半分は男性側にもあることが明らかになってきました。つまり女性側の通院や治療だけではなく、男性もいっしよにカップルでの治療が重要であるということです。

男性は思いがけないことに現実逃避的になったり、自尊心が傷つくケースもときにありますが、最終的には妊活のため前向きに治療にとり組むかたが多くいます。

精子は毎日つくられることから生活習慣を改めることでその数や質を高めることが可能です。

妊活はふたりでの協力あってこそです。今すぐふたりでできるコトをまとめました。

精子と卵子の妊娠カアップをお役立ててください。

日々の生活習慣や、妊活へのマインドなど夫婦それぞれが心がけるとよい5つのポイントをまとめました。精子力&卵子カアップにつなげてください。


卵子力UP

1.運動習慣をとり入れる
毎日続けられるようなウォーキングやストレッチ、ヨガなどがオススメです。
冷え性などの体質改善にもつながるのでは。男性にくらべておだやかな運動を。

2.バランスのよい食事を心がける
運動に加えて、栄養素をバランスよく含んだ食事を。
授かりやすい健康的な体をめざしましょう。
過度のダイエットはホルモンバランスをくずすことも。

3.喫煙はしない。過度の飲酒もしない
男性も同様ですが、妊活をスタートするのであれば喫煙はNG。
また、過度なアルコール摂取も、体には悪影響を及ぼします。

4.ストレスを感じるまでがんばりすぎない
仕事や人間関係、妊活いずれもも無理をしないこと。
ストレスを感じるレベルまでがんばりすぎてしまうと、早々にエネルギー切れに。
周囲とくらべないことも重要。

5.リラックスできる生活 恨を持つ
入浴やアロマ、整体、マッサージなど体にとって心地よくリラックスできる習慣を持ちましょう。
「がんばったら、しっかり充電する」というサイクルが体にも好影響。


精子力UP

1.しっかりとした体の鍛練
女性よりも運動強度が高い全身の筋力を鍛えるトレーニングをとり入れてることで
男性ホルモンの分泌や疲労回復に欠かせない成長ホルモンの増加をサポートします。

2.喫煙は精子に悪影響を及ぼす一因
喫煙は一酸化炭素などの有害物質を体内に送り込み、その分。必要な酸素や栄養を各器官に運ぶ妨げに精巣にも同様で精子の量や質、運動量の低下を招きます。
             
3.定期的に性行為の機会を持つ
禁欲すると精子の数や運動率が高まると思いきや、実は低下するので要注意。
パートナーとの定期的なセックスこそ、精子カアップにつながります。

4.健康によい食品をしっかり食べる
朝食抜きは基礎代謝を低下させ、体の老化を早める原因に。バランスのとれた食事をしっかりが基本。一般的には避けたいコレステロールも男性ホルモン産出には必須!

5.抗酸化のため栄養補給やサプリメントの摂取
酸化とは、つまり老化のこと。体 はもとより精子の酸化を防ぐため、にんにくなど抗酸化が期待できる食品、サプリメントを日ごろから摂取するよう心がけてください。



自己流タイミング法

timing

月1回の妊娠のチャンスをのがさない、妊活の基本ともいえる自己流タイミング法。

基礎体温などから自分で排卵時期を予測し、その時期に合わせてセックスを行なうといういたってシンプルな方法です。

でも、排卵時期を正確に予測できていなかったり、排卵時期にセックスができなかったりして、チャンスをムダにしているか不安になりますよね、知っているようで意外に知らない自己流タイミング法です。

自己流タイミング法の成功のカギは、女性の年齢が35才未満であること、生理が順調であること、排卵がきちんと起こっていること、予測した排卵時期に複数回セックスができることです。

それらがクリアされているのに6周期~1年ほど続けても妊娠しない場合は、婦人科を受診して検査を受けたほうがいいと言われています。

自己タイミング法のやり方
自分でできる排卵時期の予測方法には以下のように基礎体温、おりもの、排卵日検査薬があります。それらの結果から総合的に判断。


まずは排卵日を予測


1.基礎体温をはかる
毎朝決まった時間の寝起きに、横になったまま検温します。できれば朝4~7時に。一般的には生理ごろから低温期に入り、低温期最後に体温がガクンと下がり(排卵日)、その後上昇し高温期になります。

2.おりものをチェック

排卵4~5日前になるとおりもの(子宮頸管粘液)の分泌量がふえます。おりものを指にとってみて10cmほど伸びるようなら、排卵直前というサイン。変化がわかるよう、ふだんのおりものもチェックしておく。

3.排卵日検査薬を使う
排卵間近に分泌量がふえる黄体化ホルモン(LH)。簡単な尿検査で尿中のLH濃度の上昇をとらえ、排卵日を予測。陽性反応の約36時間後に排卵が起こります。医療用医薬品のため、購入は調剤薬局、薬剤師のいるドラッグストアで。

排卵日検査薬はデジタルで判定表示するタイプ、検査薬にスポイトで尿を落とすタイプなどさまざまなタイプが出ています。

排卵日を予測したらセックスをする
妊娠しやすいタイミング=排卵日当日だけではありません。排卵日を中心に前後2日間が最も妊娠しやすく、プラス女性の体内で精子が生き続ける3~4日間を加えたおよそ8~9日間が妊娠しやすい時期です。


★オーガニックレーベルの葉酸

厚生労働省によって推奨され、母子手帳にも記載されるようになった「葉酸」。

アメリカでは「天然葉酸」と「合成葉酸」という2種類は別物として考えられているのですが、日本では石油由来の合成葉酸サプリ、または天然原料の中に合成葉酸をミックスしただけの、「なんちゃって天然葉酸サプリ」が溢れていそうです。

合成葉酸は、天然葉酸に比べて小児喘息になるリスクが高まるという研究結果(※)も出ていることから天然原料と完全無添加にこだわった葉酸サプリが発売。

それがオーガニックレーベルの葉酸です。

つわり中でも飲みやすい粒に、天然葉酸を400μg、他にも妊活中〜妊娠後まで必要なビタミン・ミネラルもたっぷり摂れる100%の無添加サプリです。

>>オーガニックレーベルの葉酸について詳しくはこちら

妊活中の通院ストレスを軽減する在宅自己注射

injection

ゴナドトロピン療法などでは、注射のために連日通院しなければならない場合もありますよね。

そこで通院を最低限に抑える在宅自己注射が通院ストレスを軽減したい忙しい女性に支持されています。

排卵障害の治療や体外受精などの生殖補助医療を受ける際には、一般的に排卵誘発剤といわれる卵を育てるためのホルモン゜が投与されます。

ただ、この排卵誘発剤は7~10日間ほど毎日のように病院に通い、注射で投与する必要があります。

この通院にかかる経済的・時間的なコストは、不妊治療を続ける私の大きな負担になっています。

そこで試してみているのが在宅自己注射。在宅自己注射は通院注射と比べても、排卵率や妊娠率、副作用のリスクに差がなく、楽になりました。

在宅自己注射を希望するなら、まずは主治医に相談。「家が遠い≒仕事が忙しい」など、連日の通院が困難で
あることに理解が得られれば、受け入れられるケースは多いと思います。

在宅自己注射には種類があって、リコンビナント(遺伝子組換え)FSH製剤のゴナールエフのようなペン型の注射器なら使い方も簡単。

医師に指示された分量を決められた時間帯に、お腹や太ももに打つだけです。

針が細く薬液の量も少ないですし、脂肪の多いところに打つので、痛みが少なくなりました。

会社のお昼休みに、化粧室で打っています。

周りに気づかれることもなかったですし、通院のたびに仕事を休む必要がないのは大きなメリットです。

妊活ステップアップの時期は年齢も考慮して見極め

running

不妊治療には、一般不妊治療と高度不妊治療という2つの領域があります。検査で特別な異常が認められない場合に、まず行われるのがタイミング法という治療。

これは医師が正確に排卵日を予測して、最も妊娠しやすいタイミングにセックスを行うという方法です。軽度の排卵障害がある人には、排卵を促す排卵誘発剤を投与する薬物療法が同時に行われます。

タイミング法で成果が出ない時には、不妊治療の次のステップである人工授精に進むのが通常の流れ。それでは、どのぐらいの期間、タイミング法や人工授精を試すのか、また、いつ人工授精から高度不妊治療の領域である体外受精、顕微授精へとステップアップするのがベストなのかが気になります。

タイミング法を5~6周期行い、結果が出なければ人工授精にステップアップするのが目安とされています。人工授精も5~6周期をめどに次の高度不妊治療へ進むのが一般的ですが、これは30代前半までのケース。

30代後半になると卵子の数や質が急激に低下します。体外受精や顕微授精の成績は40代になると大きく落ち込んでしまいます。年齢が高くなれば、ステップアップの判断をよリスピーディーに行う必要があります。

不妊症の原因がカップルごとに千差万別であるように、治療法にも「たったひとつの正解」は存在しません。それぞれのカップルに最適な治療計画が、成功の鍵を握っているようです。

妊活にウォーキング

walking

妊活で良い運動は、ウォーキング!!!
カラダの中から熱を発生させるには、筋肉を動かすことが一番で、カラダの中で一番大きな筋肉は、足の筋肉なのです。

そこで効率的にカラダの中から熱を生み出すために、最適なのがウォーキングというわけなのです。
10分、15分ととぎれとぎれではなく毎日30分ほど歩く習慣をつけるほうがいいそうです。

ポイントは、汗をかかない程度のスピードで歩くこと。汗はカラダを冷やすためのものなので、かえって「冷え」につながってしまいます。 
 
無理なく日常にウォーキングを取り入れる方法として、ハイヒールはオフィスに置き、スニーカーで通勤するという手を考えました。そして最寄駅から駅手前で降りて、歩いて移動しようと思います。これならわざわざウォーキングタイムをとる必要もありません。

買い物もわざと遠いスーパーへ行くなどして、日常に「歩く機会」を設けていくつもりです。

また、さらなるウォーキングの「妊活的」利点として、ココロの元気が回復することがあります。
それは、歩くことによって脳が活性化されて快楽ホルモンの一種であるエンドルフィンが活発に分泌され、気分転換に役立ちます。

どうしても妊活中は、考え過ぎたり、悩んでしまいがちになります。歩いて気分もよくなり、前向きに妊娠しやすいカラダづくりに取り組もうという気持ちを持ち続けていこうと思います。