egg
30代妊活を襲う深刻な問題は、卵子の減少です。

最近、「卵子の老化」という言葉をあちこちで目にします。それは、卵子は年齢とともに確実に減少し、その数は決して増えることはないということらしいです。

女性は母親の胎内にいる時。5~6ヵ月の胎児の卵巣内には、すでに600万~700万個の原始卵胞(卵子の素)が存在します。

それが、この世に誕生した時点で約200万個に、初潮が始まる思春期には約30万個にまで減少するそうです。

原始卵胞は、いわば卵巣の中で眠っている卵子で、思春期の頃になると毎月1,000個ほどの原始卵胞が目覚め、約80日かけて成長。その中で一番大きく育った卵子が卵巣を飛び出すことを「排卵」といいます。

高齢になればなるほど卵子の素になる原子卵胞が少なくなるため、排卵の可能性は低くなります。
また、原始卵胞が年齢を重ねると、卵子の染色体異常の数が多くなることも報告されています。

染色体異常の卵子は、受精率の低下や着床しても流産になりやすいなど、さまざまなリスクを抱えています。 35歳は、女性ホルモンの減少だけでなく、卵子の数や質の低下という現実に直面する年齢といえそうです。

卵子の数は胎児の時代がピーク。
減り続けるだけで、決して増えることはないという衝撃の事実

【卵子年齢シミュレーション】
13歳で初潮を迎え、
現在35歳
私の卵巣には卵子がいくつ残ってる?

現在の年齢  初潮年齢
35(歳)-13(歳)=22(歳)
              毎月の減少数
22(歳)×12(力月)×約1000(個)
゜約264,000個
初潮時の原始卵胞数
約300,000(個)-264,000(個)=約36,000悃

エストロゲンの働き
妊娠に大きな力を発揮するエストロゲンには、そのほかにも肌の張りや髪のボリュームを若々しく保ったり、コレステロールを調整したり、骨の形成促進ホルモンの分泌を促すなどの働きが。閉経後に骨粗鬆症になる女性が増えるのは、エストロゲン不足が一因ともされています。

高齢出産はここに注意する
高齢の場合、妊娠率が低下するだけでなく、母体や赤ちゃんにもリスクがおよぶ場合があるそうです。妊娠中毒症のほか、流産や早産、染色体異常の確率が高くなることが明らかになっています。妊娠期間中は、塩分を控えめにする、十分に睡眠をとるなど生活管理に気を配るようにすることが大切です。

参考:卵巣年齢