poit


30代といえば、仕事も私生活も充実。コワいものなしの充実期。それなのに、「妊娠」を考えると、とたんに「35歳高齢説」が浮上。『なぜ、35歳が妊娠・出産のターニングポイントになるの?』

女性ホルモンの分泌量が35歳頃から減少
日本産婦人科学会が定義している「高齢出産」は、「35歳以上の初産婦」。 「35歳」がターニングポイントとされるのには、確かな理由があるようです。
そのひとつは女性ホルモンの減少。女性ホルモンは、初潮を迎える頃から徐々に分泌量が増え、10代後半か
ら30代に安定期を迎えます。

ところが、30代後半からは次第に分泌量が減り、やがて閉経に。そもそも女性ホルモンとは、脳の視床下部にある下垂体の指令を受けて卵巣から分泌されるホルモンのこと。主に妊娠しやすい体を作る働きがあるエストロゲン(卵胞細胞)と、妊娠を維持する働きがあるプロゲステロン(黄体ホルモン)を指します。

この2つが活発に働かないと、排卵が規則正しく行われないうえに、赤ちゃんを育む子宮内の環境も整いません。一生のうちでエストロゲンの分泌が最も活発なのは30歳前後。

「性成熟期」と呼ばれるこの時期をすぎればすぎるほど、妊娠の可能性が低くなるとされています。

女性ホルモンの分泌量が35歳頃から減少
女性ホルモンとは主にエストロゲン(卵胞細胞)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のこと。その分泌量が一生の間にピークを迎えることから、20代後半から30代前半を生物学的妊娠適齢期の目安にしています。

女性ホルモンの分泌量の低下は、年齢だけでなく、卵巣の機能低下や生活習慣とも密接に関係しています。
ストレスをためず、バランスのとれた食事や十分な睡眠、適度な運動習慣を心がけることも、女性ホルモンを活性化するための大切な心得です。

参考:妊娠しやすい年齢