cause

体にトラブルがあれば、治療優先になり妊娠のチャンスをロスしてしまうことも。そうならないためには、体の変調に敏感になり、「おかしい」と感じたら、ためらわずに医療機関を受診することが肝心。妊娠できない原因をまとめました。


放置すると慢性化の危険も
生理不順
生理不順の原因の多くは、心身のストレスや過度のダイエット、慢性的な疲労、環境の変化などによるホルモンの乱れです。2~3ヵ月も生理がこなかったり、逆に短い周期で月に何度も生理を繰り返したり、生理がなかなか終わらなかったり、生理不順にはさまざまなタイプがあります。いずれも放置したままにすると、不妊の原因になるので、産婦人科を受診し適切な治療を。産婦人科の検査で子宮内膜症や子宮筋腫が発見される場合も。

生理やセックス時の痛みに注意
子宮内膜症
生理のたびにはがれ落ちて排出される子宮の内膜と同様の組織が、子宮以外の部分で増殖するのが子宮内膜症です。成人女性の10人に1人が発症するといわれている病気で、20~40代の幅広い年齢層に見られます。内膜の組織が骨盤内の臓器に癒着すると下腹部に激しい痛みを生じます。また、腸の周囲の癒着では排便痛が起こります。
卵巣で内膜が増殖してチョコレート嚢胞(のうほう)が起こったり、卵管の癒着などで卵巣から子宮への通路がふさがれたりすると不妊になる場合がありますが、子宮内膜症の患者さんのすべてが不妊症というわけではありません。病気が進行する前に早めに治療を開始することが重要です。妊娠すると生理がなくなるため症状は改善されます。

月経困難症や貧血も病気のサイン
子宮筋腫
子宮筋腫は、30代女性の4人に1人が発症するといわれるほどポピュラーな病気です。子宮の壁(筋層)にできる良性の腫瘍で、複数発生することも珍しくありません。
発生部位によって、子宮の内側に突き出すようにできる粘膜下筋腫、子宮の壁の中にできる筋層内筋腫、子宮の外側にできる漿膜(しょうまく)下筋腫の3つに分類されています。
筋腫が子宮内腔にある粘膜下筋腫は、不妊につながりやすいとされていますが、外側にコブのように突き出る漿膜下筋腫は、妊娠に大きな影響は与えません。子宮筋腫は下腹部の痛みなどの月経困難症を伴い、出血量も多くなることから貧血の症状に悩まされることもあります。子宮筋腫があっても妊娠は可能ですが、流産や早産になるケースが少なくないため、妊娠期間中の無理は禁物です。


自覚症状がないから危険!
子宮頸がん健診は必ず受ける
20~30代の女性に発症することが多い女性器のがんが、子宮頸がんです。初期にはほとんど自覚症状はなく、進行するにつれて、不正出血やセックスをした時の出血、腰痛などの症状が現れます。早期に発見するには健診が最も有効。早期ならば、頸部(子宮の入り口)にできたがんを円錐切除することで妊娠の可能性を残すことができます。