妊娠するために私達夫婦がしていること男性不妊サプリや葉酸サプリ

避妊をやめればすぐに妊娠できると考えるのは大間違いでした。 女性ホルモンの分泌が低下し始める体年齢にはまだ間があっても、「いつかは妊娠」と考えているので、妊娠しやすい体づくりのための努力は一日も早く始めるべきだと思いました。何げない毎日の生活の中に潜んでいる妊娠を阻害する要因と自分なりの解決法を、紹介しています。男性不妊サプリや葉酸サプリも紹介

妊娠できない原因

女性不妊につながる病気

woman33

受精までは精子も影響しますが、その後、受精卵が子宮に着床し、子宮内でちゃんと育つかどうかは母胎次第。

不妊の要因をひとつずつ解消することで妊娠への道を切り開きましょう。

排卵障害
通常は月に一度あるはずの排卵が、何らかの原因によりうまくいかないこと。

治療法
排卵誘発剤を投与するケースが大半。ストレスや食事が原因の場合は、並行して生活習慣の改善も。

卵管障害(ピックアップ障害)
卵管が詰まる卵管閉塞などが原因で、卵巣から排出された卵子を拾い上げられないこと。

治療法
障害の有無が検査では特定できないため、排卵誘発剤の投与などで様子見することが多い。

ホルモン異常
排卵や着床はホルモンの働き次第。分泌が多くても少なくても妊娠の妨げになります。

治療法
ホルモン剤の投与のほか、生活改善として食生活を見直し、体を温めると効果的。

多嚢胞性卵巣症候群、卵巣再発不全
卵巣の皮膜が固いため、排卵できなかった卵子が卵巣内にたまっていく病気。

治療法
排卵誘発剤、ホルモン剤の投与のほか、卵巣の表面に穴を開ける腹腔鏡手術を行う場合も。

免疫性不妊症
精子や卵子を異物とみなす抗体を持っていること。男女どちらにもある症状です。
     
治療法
抗体値が低い場合は人工授精で、高い場合は体外受精を行うケースがほとんど。

着床障害
受精はするものの子宮に着床せず、妊妬が成立しなかったり、流産をしてしまったりすること。

治療法
ホルモン分泌に問題があれば、ホルモン剤の投与で改善が期待できます。

子宮内膜症
子宮内膜が子宮以外の場所にできてしまう病気。
不妊女性の20~40%がこの病気を持つとされています。

治療法
投薬や腹腔鏡手術のほか、内膜症自体の治療より体外受精が優先される場合も。

子宮奇形
子宮の形が本来と異なる状態のこと。女性の4~5%にあるとされ、後天性の場合もあります。

治療法
そのまま妊娠できるケ-スもありますが、不妊・不育の原因になる場合は形成手術を行う場合も。

子宮筋腫
子宮内にできる良性腫瘍のこと。数や大きさによっては受精卵の着床の妨げになることも。

治療法
投薬や子宮摘出手術もありますが、妊娠を望む人は筋腫だけを取る手術が行われます。

染色体異常
夫婦どちらかに染色体異常があると流産が高率に発生します。

治療法
体外受精により受精卵の染色体異常の有無を調べ、異常がない受精卵を移植。

性感染症
性交渉により体内に細菌が入ると、女性は卵管や子宮、男性は尿道や精巣に炎症を起こします。

治療法
薬の投与で比較的短期間で治る場合があります。パートナーにも感染の可能性があるので一緒に治療を。

合併症(甲状腺疾患、糖尿病)
腎疾患や糖尿病は、妊娠高血圧症候群や胎児奇形と関連することもあります。

治療法
専門医と相談し、投薬や血糖値コントロールなどで妊娠の確率が高まる方法の検討を。

妊娠できない原因まとめ

cause

体にトラブルがあれば、治療優先になり妊娠のチャンスをロスしてしまうことも。そうならないためには、体の変調に敏感になり、「おかしい」と感じたら、ためらわずに医療機関を受診することが肝心。妊娠できない原因をまとめました。


放置すると慢性化の危険も
生理不順
生理不順の原因の多くは、心身のストレスや過度のダイエット、慢性的な疲労、環境の変化などによるホルモンの乱れです。2~3ヵ月も生理がこなかったり、逆に短い周期で月に何度も生理を繰り返したり、生理がなかなか終わらなかったり、生理不順にはさまざまなタイプがあります。いずれも放置したままにすると、不妊の原因になるので、産婦人科を受診し適切な治療を。産婦人科の検査で子宮内膜症や子宮筋腫が発見される場合も。

生理やセックス時の痛みに注意
子宮内膜症
生理のたびにはがれ落ちて排出される子宮の内膜と同様の組織が、子宮以外の部分で増殖するのが子宮内膜症です。成人女性の10人に1人が発症するといわれている病気で、20~40代の幅広い年齢層に見られます。内膜の組織が骨盤内の臓器に癒着すると下腹部に激しい痛みを生じます。また、腸の周囲の癒着では排便痛が起こります。
卵巣で内膜が増殖してチョコレート嚢胞(のうほう)が起こったり、卵管の癒着などで卵巣から子宮への通路がふさがれたりすると不妊になる場合がありますが、子宮内膜症の患者さんのすべてが不妊症というわけではありません。病気が進行する前に早めに治療を開始することが重要です。妊娠すると生理がなくなるため症状は改善されます。

月経困難症や貧血も病気のサイン
子宮筋腫
子宮筋腫は、30代女性の4人に1人が発症するといわれるほどポピュラーな病気です。子宮の壁(筋層)にできる良性の腫瘍で、複数発生することも珍しくありません。
発生部位によって、子宮の内側に突き出すようにできる粘膜下筋腫、子宮の壁の中にできる筋層内筋腫、子宮の外側にできる漿膜(しょうまく)下筋腫の3つに分類されています。
筋腫が子宮内腔にある粘膜下筋腫は、不妊につながりやすいとされていますが、外側にコブのように突き出る漿膜下筋腫は、妊娠に大きな影響は与えません。子宮筋腫は下腹部の痛みなどの月経困難症を伴い、出血量も多くなることから貧血の症状に悩まされることもあります。子宮筋腫があっても妊娠は可能ですが、流産や早産になるケースが少なくないため、妊娠期間中の無理は禁物です。


自覚症状がないから危険!
子宮頸がん健診は必ず受ける
20~30代の女性に発症することが多い女性器のがんが、子宮頸がんです。初期にはほとんど自覚症状はなく、進行するにつれて、不正出血やセックスをした時の出血、腰痛などの症状が現れます。早期に発見するには健診が最も有効。早期ならば、頸部(子宮の入り口)にできたがんを円錐切除することで妊娠の可能性を残すことができます。