妊娠するために私達夫婦がしていること男性不妊サプリや葉酸サプリ

避妊をやめればすぐに妊娠できると考えるのは大間違いでした。 女性ホルモンの分泌が低下し始める体年齢にはまだ間があっても、「いつかは妊娠」と考えているので、妊娠しやすい体づくりのための努力は一日も早く始めるべきだと思いました。何げない毎日の生活の中に潜んでいる妊娠を阻害する要因と自分なりの解決法を、紹介しています。男性不妊サプリや葉酸サプリも紹介

排卵日

妊娠のチャンスは月にたった3日間。タイミングが大切!

important

妊娠率は、精子と卵子が出会うタイミングに大きく左右されます。

それは、精子にも卵子にも寿命があるからです。

精子と卵子の出会うタイミングが少しでもずれると、妊娠する可能性は大きく低下してしまいます。

精子の場合、その寿命は射精後およそ2日間といわれています(場合によっては5日間ほど生きていることもあります)。

一方、卵子の寿命は精子よりもさらに短く、排卵後から8時間程度です。

この両者の寿命を考慮すると、妊娠する可能性が最も高まるのは、排卵前の2日間と排卵日当日ということになります。
つまり、排卵日の3日以上前にセックスすると排卵日までに精子が老化して受精しにくくなり、排卵後8時間以上経ってからセックスすると今度は卵子が老化して受精しにくくなる、ということです。

ちなみに、寿命を過ぎた精子や卵子でもまれに受精することはあるみたいです。

中には排卵日の1週間前にセックスをして妊娠したという例もあるのだとか。

しかし、そういう受精卵は、そのまま運良く着床にこぎつけても発育できず、流産してしまう確率が非常に高いといわれています。

つまり妊娠するためには、この1ヵ月のうちの3日間をどう生かすか、が鍵となってくきます。

基礎体温や排卵チェッカーで排卵日を予測したら、その2日前から基礎体温が上昇を始めるまで1日おきのペースでセックスするというのが妊娠率を高める最も確実な方法といえそう。

とはいえ、共働きだとお互いのスケジュールが合わなかったり、疲れてそれどころじゃない、という場合も……。

基本は二人のセックスありきの妊娠ですよね。

やはりパートナーとじっくり話しあうことが大切ですね。

病院で排卵の時期をチェック

woman-consulting-doctor

超音波検査で子宮内膜の状態や卵胞の大きさ、尿や血液の検査からホルモン値を調べることで、より正確に排卵時期を特定できます。

検査によって多嚢胞性卵巣症候群や無排卵など排卵障害が見つかった場合、適切な治療を行うためにもうけておきたいですね。

病院でのタイミング法の流れ


不妊治療の第一歩であるタイミング法。病院で調べることでより正確に排卵日を特定できます。

月経中~直後
卵子の成熟ぐあいをもとに排卵の予測を立てる

月経中から月経直後は卵胞ホルモンが出て、卵巣内で卵子が育つ時期。病院で超音波検査や尿や血液の検査をして卵子の成熟ぐあいを調べ、その周期の排卵時期の予測



予測される排卵日の2~3日前

卵胞の大きさとホルモン値からより正確に排卵日を特定、超音波検査やホルモン検査はこの時期

・超音波検査
卵胞の大きさ、子宮内膜の状態を調べます。排卵前の卵胞は約20mmの大きさに。料金は保険適用で約1600円。

・ホルモン検査
黄体化ホルモンは排卵の20~40時間前にピークになるため、尿中や血液中の値を調べます。料金は約900円



予測される排卵日前後

予測された排卵日の前後5日間にセックスをします。
検査の結果などから総合的に診断し、スケジュールを決定。
予測した排卵日を含め、前後5日間ぐらいの間にセックスをするよう医師から指示を受けます。
排卵誘発剤で卵胞刺激ホルモンの分泌を促すこともあります。



排卵後

排卵が起ごったか、黄体ホルモンが十分かを調べます

排卵したかどうかを超音波検査で確認し、ホルモン検査で黄体ホルモンの分泌量が正常かを調べます。

子宮内膜が着床できる状態であるかどうかを調べ、黄体ホルモンが十分でない場合は補充をします。

排卵日を予測して月に3日のチャンスを生かす!

kiso
高温相に移行する前日の最も体温が低くなる日が排卵日です。「排卵日がいつか」は、妊活なら必ずキャッチしておかなくてはならない情報。一番妊娠しやすい時期は、排卵日の2日前から排卵日を含めた3日間。

なぜこれ
しかチャンスがないのかといえば、卵子にも精子にも寿命があるから。精子の寿命は射精後およそ2日間。

卵子に至っては排卵直後から8時間程度といわれています。
排卵の3日以上前に射精された精子は、排卵までに老化が進み、排卵日の翌日のセックスではすでに卵子の老化が始まってしまいます。

排卵日を正確に把握するには、1周期だけの基礎体温の計測では不十分。何周期かの基礎体温の推移を記録して、生理が始まってから何日目に排卵するかの平均値を求める必要があります。

基礎体温のほかに、排卵日の約1日前に起こる排卵を引き起こすホルモンの増加を検出することで、排卵日を
前もって予測する排卵日検査薬もおすすめ。

排卵日検査薬は薬局で購入できます。

基礎体温表で妊娠しやすい体かチェック

体の中の異常を察知する絶好の機会が生理です。妊活は、毎日きちんと基礎体温を計測して自分自身の体のリズムを把握。

仕事にプライベートに大忙しの30代キャリア女子には、生理不順を自覚する人が少なくないといわれています。個人差はあるものの、平均的な生理周期は約28日といわれています。

生理の間隔や生理期間が長すぎても短すぎても、体の中で異常が起こっている可能性が考えられます。

妊娠していない健康な女性の基礎体温表は、生理開始から約2週間の低温相(体温が低い時期)と、その後約2週間の高温相(体温が高い時期)にはっきりと分かれます。

低温相と高温相の境界は一般に36.7℃とされていますが、個人差があるのも事実です。

基礎体温が2相に分かれない、高温相が短いなどのケースは、ホルモンの分泌に変調をきたしている可能性があるそうです。

生理の予定が1週間程度過ぎても高温が続いている場合は、妊娠の可能性が。
ただし、ストレスや疲労によっても高温相が長くなることがあるので、そういうときはは市販の妊娠検査薬でチェックする!


健康な女性の基礎体温の推移
低温相と高温相の境界線
36.7°C

エストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌される低温相と、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌される高温相にくっきりと分かれていれば、排卵が順調に行われている証拠。排卵の2日前から排卵日までの3日間を有効に使って、妊娠にトライしましょう。

2相に分かれなければ無排卵の疑い
体温がジグザグに細かく上下して、低温相と高温相の2相に分かれない場合は、無排卵の可能性が考えられます。そのまま放置していると不妊の原因になることがあるので注意が必要です。

高温相が短いパターンは黄体機能不全の危険
高温相が10日以下の周期が続く場合には、排卵後に卵巣で作られる黄体ホルモンの分泌に異常をきたす「黄体機能不全」が疑われます。無排卵や不妊の原因になるので産婦人科を受診してみて。