【妊活】妊娠するには妊娠するために私がしていること

避妊をやめればすぐに妊娠できると考えるのは大間違いでした。 女性ホルモンの分泌が低下し始める体年齢にはまだ間があっても、「いつかは妊娠」と考えているので、妊娠しやすい体づくりのための努力は一日も早く始めるべきだと思いました。何げない毎日の生活の中に潜んでいる妊娠を阻害する要因と自分なりの解決法を、紹介しています。

排卵

病院で排卵の時期をチェック

woman-consulting-doctor

超音波検査で子宮内膜の状態や卵胞の大きさ、尿や血液の検査からホルモン値を調べることで、より正確に排卵時期を特定できます。

検査によって多嚢胞性卵巣症候群や無排卵など排卵障害が見つかった場合、適切な治療を行うためにもうけておきたいですね。

病院でのタイミング法の流れ


不妊治療の第一歩であるタイミング法。病院で調べることでより正確に排卵日を特定できます。

月経中~直後
卵子の成熟ぐあいをもとに排卵の予測を立てる

月経中から月経直後は卵胞ホルモンが出て、卵巣内で卵子が育つ時期。病院で超音波検査や尿や血液の検査をして卵子の成熟ぐあいを調べ、その周期の排卵時期の予測



予測される排卵日の2~3日前

卵胞の大きさとホルモン値からより正確に排卵日を特定、超音波検査やホルモン検査はこの時期

・超音波検査
卵胞の大きさ、子宮内膜の状態を調べます。排卵前の卵胞は約20mmの大きさに。料金は保険適用で約1600円。

・ホルモン検査
黄体化ホルモンは排卵の20~40時間前にピークになるため、尿中や血液中の値を調べます。料金は約900円



予測される排卵日前後

予測された排卵日の前後5日間にセックスをします。
検査の結果などから総合的に診断し、スケジュールを決定。
予測した排卵日を含め、前後5日間ぐらいの間にセックスをするよう医師から指示を受けます。
排卵誘発剤で卵胞刺激ホルモンの分泌を促すこともあります。



排卵後

排卵が起ごったか、黄体ホルモンが十分かを調べます

排卵したかどうかを超音波検査で確認し、ホルモン検査で黄体ホルモンの分泌量が正常かを調べます。

子宮内膜が着床できる状態であるかどうかを調べ、黄体ホルモンが十分でない場合は補充をします。

妊娠しやすい体作り⑥排卵の確認

kiso
毎朝の基礎体温計測で体のリズムをチェック

毎月生理があるから、妊娠には問題なし。そう考えるのはちょっと楽観的すぎるかも。生理があっても、きちんと排卵が行われているかといった妊娠の可能性は、基礎体温を見なければ判断がつきません。

基礎体温は毎朝、目覚めてすぐ寝たままの状態で計るのが原則。

忙しい朝に検温するのは面倒、という人は、検温時間が短いタイプの婦人体温計を使用してみて。検温後はそのデータを記録し、グラフ化すると、自分の体のリズムを把握することができます。

健康な状態なら、グラフは2週間ずつ低温層と高温層に区分されるはず。
もしも、そうならない時には、婦人科にグラフを持参して相談を。
kisotaion

たった10秒で検温完了!
忙しい朝の味方。

検温したデータをAndroidスマートフォン用の無料アプリ「リズムノート」に転送すると、体のリズムをグラフで確認できるほか、体調や症状などの登録も可能。小さ<て薄いコンパクトデザインだから、化粧ポーチにもすっぽり収まります。
オムロン婦人用電子体温計
MC-642L[幅3.9×長さ10.3×厚さ1.6cm、約33.0g(収納ケース、電池含む)]

>>排卵日の計算
ギャラリー
  • 葉酸サプリ、オーガニックレーベルの葉酸
  • 妊活は夫婦で!今すぐできることまとめ
  • 自己流タイミング法
  • 妊娠のチャンスは月にたった3日間。タイミングが大切!
  • 妊活中の通院ストレスを軽減する在宅自己注射
  • 病院で排卵の時期をチェック
  • 妊娠するための栄養素、サプリメント【男性編】
  • 妊活ステップアップの時期は年齢も考慮して見極め
  • 妊活にウォーキング