food1

朝・昼・晩の3食を決まった時間に摂ること

母体の栄養状態は、そのまま胎児の健康につながります。お腹の中で赤ちゃんの脳や脊髄、内臓の基礎ができ上がるのは、つわりもまだ始まらない妊娠の超初期の頃。
栄養状態の改善にはある程度時間もかかることから、妊娠を意識するなら早めに食生活の改善をスタート!

食生活改善には、まず普段の食事を見直すことが大切。忙しさや太りたくないことを理由に朝食を抜いたり、手軽だからとファストフードやインスタント食品を多用したりするのはNG。

正しい食生活は、朝・昼・晩の3食を決まった時間に摂るのが基本。

太りたくないなら、夕食は就寝の3時間前までに済ませておくのが良いみたいです。また食品添加物を多く含んだ加工食品の利用は、できるだけ避けるのが賢明です。

妊娠に特に必要な栄養素は「葉酸」「鉄分」「カルシウム」

食事の内容は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく。外食が多いとどうしても不足しがちになる野菜は、茹で野菜やスティックサラダを持参して補うのがいいみたいです。

そして、妊娠に特に必要とされる栄養素が「葉酸」「鉄分」「カルシウム」です。食品からでは十分な量が摂取できない場合、サプリメントを活用するのもおすすめ。

 
糖質をやや抑えて、その分たんぱく質をたっぷり摂る食事を推奨しています。人間の皮膚や骨、髪、血液、筋肉、内臓、ホルモンを作る材料となるたんばく質の積極的な摂取は、妊娠準備期や妊娠中に有効と考えているからです。

子宮を忤る材料となる鉄分や、細胞分裂や成長、DNA形成などに大切な働きをする葉酸も、妊娠を予定しているなら不可欠ですね

1日400μgの「葉酸」摂取にはサプリメントの活用がおすすめ
「葉酸」はビタミンB群のひとつで、緑黄色野菜や卵黄、レバー、豆類に多く含まれ、血液・細胞など、体の発育や成長に大切な栄養素。「神経管閉鎖障害」の発症リスクを減らす働きがあるともいわれています。

妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性のある女性は、1日当たり400μgの摂取を目標に。けれども、これをブロッコリーに換算すると茹でたもの13房、納豆では7パックに相当します。これだけの量を毎日食べ続けるのはなかなか大変ですよね。

そんな時にうれしいのがサプリメント。手軽に効率よく必要量を摂取できます。