ゴナドトロピン療法などでは、注射のために連日通院しなければならない場合もありますよね。

そこで通院を最低限に抑える在宅自己注射が通院ストレスを軽減したい忙しい女性に支持されています。

排卵障害の治療や体外受精などの生殖補助医療を受ける際には、一般的に排卵誘発剤といわれる卵を育てるためのホルモン゜が投与されます。

ただ、この排卵誘発剤は7~10日間ほど毎日のように病院に通い、注射で投与する必要があります。

この通院にかかる経済的・時間的なコストは、不妊治療を続ける私の大きな負担になっています。

そこで試してみているのが在宅自己注射。在宅自己注射は通院注射と比べても、排卵率や妊娠率、副作用のリスクに差がなく、楽になりました。

在宅自己注射を希望するなら、まずは主治医に相談。「家が遠い≒仕事が忙しい」など、連日の通院が困難で
あることに理解が得られれば、受け入れられるケースは多いと思います。

在宅自己注射には種類があって、リコンビナント(遺伝子組換え)FSH製剤のゴナールエフのようなペン型の注射器なら使い方も簡単。

医師に指示された分量を決められた時間帯に、お腹や太ももに打つだけです。

針が細く薬液の量も少ないですし、脂肪の多いところに打つので、痛みが少なくなりました。

会社のお昼休みに、化粧室で打っています。

周りに気づかれることもなかったですし、通院のたびに仕事を休む必要がないのは大きなメリットです。