walking

妊活で良い運動は、ウォーキング!!!
カラダの中から熱を発生させるには、筋肉を動かすことが一番で、カラダの中で一番大きな筋肉は、足の筋肉なのです。

そこで効率的にカラダの中から熱を生み出すために、最適なのがウォーキングというわけなのです。
10分、15分ととぎれとぎれではなく毎日30分ほど歩く習慣をつけるほうがいいそうです。

ポイントは、汗をかかない程度のスピードで歩くこと。汗はカラダを冷やすためのものなので、かえって「冷え」につながってしまいます。 
 
無理なく日常にウォーキングを取り入れる方法として、ハイヒールはオフィスに置き、スニーカーで通勤するという手を考えました。そして最寄駅から駅手前で降りて、歩いて移動しようと思います。これならわざわざウォーキングタイムをとる必要もありません。

買い物もわざと遠いスーパーへ行くなどして、日常に「歩く機会」を設けていくつもりです。

また、さらなるウォーキングの「妊活的」利点として、ココロの元気が回復することがあります。
それは、歩くことによって脳が活性化されて快楽ホルモンの一種であるエンドルフィンが活発に分泌され、気分転換に役立ちます。

どうしても妊活中は、考え過ぎたり、悩んでしまいがちになります。歩いて気分もよくなり、前向きに妊娠しやすいカラダづくりに取り組もうという気持ちを持ち続けていこうと思います。